声で演じる

1925年に東京放送局でラジオ放送が開局され、映画せりふ劇の仮放送が始まりました。この劇で声を演じた俳優、女優さんたちがラジオ放送初の声優の誕生とされています。同年、仮放送を終えたのち、ラジオ劇やラジドラマが本格スタートとなり、声優の募集をかけました。この時選ばれた人が声優第1号とみなされています。その後、1933年に短編アニメ映画が公開されましたが、この時声を演じていたのは、俳優や女優でした。1941年にラジオドラマ専門の俳優を養成する養成所の生徒の募集をかけたことから、当時の新聞紙面に初めて声優という文字が用いられたとされています。養成所での養成期間を経た生徒は、東京放送劇団に採用され、多くのラジオドラマへと活躍していきました。1952年にはテレビで人形劇の実験放送が始まり、その後テレビ放送も本放送が決まりました。そしてテレビアニメの放送決定が続くなどして声優業界は人気の職種となります。1953年に5期生10名の募集をかけたところ6000人の応募が殺到したと伝えられています。この時期を黄金時代と言われています。

時代の流れとともに声優業界の流れはとても早く流れています。1969年に初の声優専門の芸能プロダクションが設立され、所属数も増えてきました。テレビアニメの人気が高まると同じくして声優人気にも火が付きイベントやサイン会、CDの発売などメディアへの露出も多くなっていきました。この流れは今も健在といえるでしょう。現在は、一昔前よりもかなり活躍の幅が出て、アニメ、ラジオ、インターネット、ゲーム、映画へと声優の仕事は増えています。また、広がりを見せる事でアイドル化されている人達が出てきています。その一方で世代交代の波がとても速いのも実情と言えます。その要因は人気の人ほどギャラが高騰していくので起用しにくくなるからです。今現在声優として活躍している人が沢山いたとしても、募集は止まりません。新たな才能の発掘ともいえますし、世代交代と見通して早くに育てたいという業界の流れがあるように思えます。日本アニメは世界で高評価を得ていますし衰退していく事のない業界に確立されていると思われます。世代交代の波に上手く乗る事、ギャラ設定がこの業界で長く名前を残せる道ではないかと思います。